緊急対応ページへ ソリリス®を投与されている患者様(患者安全性カード持参)が救急来院時の対応詳細ページです。 患者安全性カード(PDF)

文字サイズ
  • 標準
  • 特大

ソリリス®使⽤時に特に注意が必要な副作⽤

監修︓ 脳神経内科 千葉 川⼝直樹 先⽣

⼀部の患者さんではソリリス®に含まれる成分により、アレルギー反応が起こる可能性があります。投与の最中や投与後に、頭痛などの症状があらわれたら、すぐに担当医師や看護師に知らせてください。

また、ソリリス®使⽤中は、髄膜炎菌など特定の種類の細菌に感染しやすくなる可能性があります。髄膜炎菌感染症は、早期に治療を開始しないと生命にかかわる重⼤な転帰になる可能性のある病気で、死亡した患者さんや後遺症が認められた患者さんがいます。以下の症状があらわれた場合には、ただちに担当医師または緊急時受診可能医療機関に連絡してください。

患者安全性カード

ソリリス®による治療を受けていることを知らせるカードです。
治療を受けている患者さんや介護者はこのカードを常に携帯し、記載されている症状がないか確認してください。