緊急対応ページへ ソリリス®を投与されている患者様(患者安全性カード持参)が救急来院時の対応詳細ページです。 患者安全性カード(PDF)

ソリリス®の投与⽅法

監修︓ 脳神経内科 千葉 川⼝直樹 先⽣

ソリリス®は点滴静注製剤です。静脈への点滴で、25分〜45分かけて投与します。
使⽤量や使⽤回数は、この薬の[⽤法及び⽤量]に従って担当医師が決めます。

【用法及び用量(添付文書からの抜粋)】
全身型重症筋無力症(免疫グロブリン大量静注療法又は血液浄化療法による症状の管理が困難な場合に限る)
通常、成⼈には、エクリズマブ(遺伝⼦組換え)として、1回900mgから投与を開始する。初回投与後、週1回の間隔で初回投与を含め合計4回点滴静注し、その1週間後(初回投与から4週間後)から1回1200mgを2週に1回の間隔で点滴静注する。

※エクリズマブはソリリス®の一般名です。

ソリリス®の投与スケジュール

医師の診察を受けることなく治療を中⽌しないでください。
ソリリス®による治療の中⽌に際しては、担当医師・薬剤師等の医療従事者との⼗分な話し合いが⾮常に重要です。