安全性情報
ソリリス®投与中に何らかの副作用が現れた場合、担当医に相談してください。

特に注意が必要なソリリス®の安全性情報は次のとおりです。


特に注意が必要な安全性情報

ソリリス®が投与されると、髄膜炎菌感染症(髄膜炎菌)に対し抵抗力が低下します。さらにインフルエンザ菌や肺炎球菌、淋菌等にも感染しやすくなると考えられます。これら感染症の徴候や症状が現れた場合、ただちに主治医に連絡してください。

髄膜炎菌感染症が疑われる注意が必要な症状

初期症状は、以下のような一般的な風邪やインフルエンザの症状と区別がつきにくい場合があるので注意が必要です。

・発熱
・頭痛
・吐き気、嘔吐
・筋肉の痛み

その他、髄膜炎菌感染症には以下のような症状があります。

・ 錯乱(混乱して考えがまとまらない、物事を理解できない)
・ うなじのこわばり(首の後ろが硬直しあごを傾けられない)
・ 発疹、出血性皮疹
・ 光に対する過剰な感覚(光が異様にギラギラ輝いて見える、異常にまぶしく感じる等)
・ 手足の痛み

・注意すべき症状のいずれかが認められた場合は、直ちに担当医師または緊急時受診可能医療機関に連絡してください。
・担当医師または緊急時受診可能医療機関と連絡が取れない場合、すぐに救急車を呼び、患者安全性カードを救急救命室のスタッフに提示してください。

副作用への緊急対応ページへ